続・父親の子育て

先日"父親の子育て"で紹介した経産省の山田課長補佐、ただいま育休中父親が子育てに出会う時を読み終えた。

育児休業を取るきっかけとなった第3子君とチビスケの誕生日が6日違いと云う事もあって、同じ時期に同じ様な事を悩んでいたり、同じテレビ番組をみて同じ事をしていたりして、「うんうん!(^-^)、そうそう」と頷きながら、面白くてあっという間に読んでしまった。たまーに「チッチッチ、山田さんそれはちょっと違いますよー!甘いなぁ。」ってところはあるものの、概ね育児に関する悩みは性別を問わず一緒で、そういう経験をしたキャリア官僚がいる事を頼もしいなぁと思った。育児休業から復帰後の山田さんがどう過ごされているのか気になっていたら、某所で発見!現在でも週に2回は定時退庁して保育園にお迎えに行き、仕事も家事も育児も頑張っていらっしゃるようです。

こんなのとかこんなのね)

さし当ってお父ちゃんの意識を高める為に、この2冊をそっと目に付くところに置いて見たけど…、読んだかな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年04月23日 19:48
トラバありがとうございました。
この本の反響の予想以上の大きさに考え込んでしまいます。役割分担論に反対する以前に、自分のパートナーに少しでも家事やる気と家事育児スキルを持たせるノウハウを蓄積するほうが悲しいけど先ではないかとあちらこちらで書き込みしてきました。〔土曜の日本経済新聞の別刷りに特集がありましたね・・〕でも原則がおかしければ、本末転倒な書き込みと思われてもしかたないかもしれませんね・・男性で、性の役割分担論に対する女性苛立ちの根深さにあらためて、タメ息が出ます。明日からまた、がんばります
2006年04月24日 11:04
この「ただいま育休中」は読んでいる方が多いですね。私も図書館にリクエストしようっと。
りえくまさんが「甘い」と感じたことは正直な感想なんだと思います。男性と女性の間には深くて広い河が流れていますから。でも、だんな様が少しでもわかってくれたらいいですね。
2006年04月24日 14:25
☆育児パパさん
あなたの奥様だって最初から色々できたわけではなく、少しずつ経験を積んで家事育児のスキルが上達したのだと思いますので、パートナーにやる気を持たせるようにして欲しい等というのは少々甘いのではないでしょうか?最初から完璧にやれといわれたら酷だと思いますが、もう少し肩の力を抜いてイイ加減にやればといいと思いますよ。世の中の一般男性より断然、家事育児に協力的な良いパパさんだと思いますので頑張ってくださいね。
☆スーさん
山田さんから宣伝していただいてありがとうとのメッセージをいただきましたが、図書館で借りているので売上にはまるで貢献していないですね(笑)。でも、男性の育児参加率をアップさせる草の根運動にはなっているかも…。旦那ですが、職場が変わってから平日に子供と接する時間がめっきり減ってしまったのを気にしてか、週末はタップリ面倒を見てくれたのでのんびりできました。ヽ(=´▽`=)ノ

この記事へのトラックバック